マネジメント力アップ!管理職向けの研修

管理職研修で必要な事は何か?

ある程度大きな会社になると、複数の管理職があります。管理職も、そこで成長が終わるのではなくさらに学ぶことが重要です。そこで、会社側としては定期的に管理職の研修をすることが大事になります。管理職の研修は新人研修や中堅社員研修等と異なり、マネジメント力を上昇させるためのものです。具体的には、人を育てる事が重要になるでしょう。近年は、一昔前と異なり会社のグローバル化に合わせて人材もグローバルな視点を持っている人たちが重要になります。そのような人たちをどのように育てるかを学ぶことが研修の課題の1つです。 もう一つは、生産性を向上させるための技術を学ぶ必要があります。日本の多くの会社は、たとえ大企業であってもそれほど余裕がある経営をしているわけではありません。そこで、可能な限り生産性を向上させ売り上げを伸ばしていくことが重要な課題になります。

誰が管理職研修を行うかも重要

管理職研修の内容の1つがマネジメント力の向上にあるとしても、果たして社内にそれを教える人がいるかが問題になります。基本的に、新人研修等と異なり、社内でマネジメントに関して深く語ることができる人は少ないため、外部に研修を委託した方が良いです。外部に研修を任せるメリットは、会社内では決して教えてくれないような情報を知ることができる点です。会社内の研修の場合には、その会社内に通用することや会社内で知られている事しか教えることができません。ですが、外部の業者に委託すれば、他の会社がどのようにしてマネジメント力を強化しているか学ぶことが可能です。 外部の研修業者に依頼するもう一つの魅力は、本格的な講師が揃っている点です。講師も、研修を受ける人に飽きられないように魅力的な講義を行っていきます。これにより、学んだ内容を活かしやすくなるでしょう。