eラーニングを利用した研修

eラーニングとは何?

社員研修の中には、インターネットを利用する「eラーニング」があります。パソコン上に学習管理システムを入れる方法で、画像や動画などの学習教材だけでなく、学習状況や履歴の管理もできることが特徴です。新人教育や中堅社員研修・リーダー層の個人研修に使っています。新人研修の場合は、ビジネスマナーや社内コミュニケーションの基礎を学ぶことが多いです。中堅社員になると、マネジメント研修やコンプライアンス教育なども行います。また、企業ごとに内容を変えられるため、共通の認識事項を掲載し、それを個人的に学ぶことも可能です。eラーニングは集団研修をしなくて済むため、社員それぞれが空いた時間にできることも特徴でしょう。

eラーニングで社員研修をするメリットと注意点とは?

eラーニングを利用するメリットは、自分の理解度に合わせて研修できることです。システムの中には習熟度や理解度・テスト結果などが掲載されるため、分からない部分のみを繰り返し学習できます。つまり、周りを気にせず、自分のペースで学べるのです。場所や時間を問わず、どこでも研修できるのもメリットでしょう。システムが搭載されたパソコンがあれば、場所や時間の制限なく学べます。最初にシステムを導入する費用はかかりますが、その後の集団研修をする時間やコストを抑えられるのもメリットです。しかし、eラーニングは情報管理や受講義務があるため、それをストレスに感じる社員もいます。よって、社員のモチベーションを維持する工夫が必要です。