中堅こそ研修が必要?中堅社員向けの研修

中堅社員は調整役の研修が必要

中堅社員が研修を受けて、実力を伸ばすことができれば会社全体のレベルアップにつながります。中堅社員の下には何人かの部下や後輩がいます。その人たちが効率的に仕事をするようになると、会社全体のレベルが上がるのです。学ぶべきなのは、自分のスキルを上げることよりも会社が上手く回るためにはどうするべきかについてです。そのために中堅社員が演じる役割は調整役でしょう。上司と後輩の間に立つ存在です。どちらも気持ちよく仕事ができるように立ち回ることができれば、会社全体が効率的に動きます。役割が上手く演じられないと、ぎくしゃくした社内になる可能性もあります。中堅社員はその役割を自覚して学ぶことができれば、会社はいい方向に動き出すのです。

中堅社員向けの研修で大事なのは後輩を育てる力

後輩を育てる力を中堅社員が持つことで、会社全体のレベルが上がります。後輩は中堅社員よりも仕事ができないことが多く、後輩のスキルや能力を育てれば、中堅社員に近いレベルまで育つことはあるでしょう。そのために中堅社員が研修で受けるのは、指導力をアップさせるカリキュラムです。中堅社員になれば、売上を支えている存在になっていることが多いです。個人的な売り上げをさらに伸ばすよりも、チームの売り上げを伸ばす方が会社の売り上げに貢献できます。後輩を育てればチームの売り上げは上がる可能性があるのです。5人の後輩を育てることができれば、5倍の戦力になる可能性があるでしょう。後輩を育てる指導力を研修で磨くことができれば、一人の売り上げを伸ばすよりも大きく会社の役に立ちます。