OJT研修とOff-JT研修の違いとは?

OJT研修は実務に直結するスキルを身につけやすい

OJT研修は、基本的に職場内で上司や先輩社員による教育が行われるため、実務に直結するスキルを身につけやすいといった特徴があります。また、実際に業務に取り組みながら専門的な知識や技術を学ぶことができ、集合研修と比べて時間や教育コストを短縮することも可能です。最近では、新人の離職を防ぐためにOJT研修の期間を従来よりも長くしたり、面倒見の良い社員がマンツーマンで指導したりしている企業も増えています。OJT研修は、教育担当者の社員の考え方や経験などによって、研修の効果に差が出やすいという問題もあります。そこで、より良いOJT研修を実施するうえで、教育担当者に対してもコーチングをはじめとする有意義な研修を行うことが大切です。

Off-JT研修は知識の蓄積に向いている

Off-JT研修は、職場を離れて外部の研修機関やセミナーハウスなどで行われる研修のことを指します。こうした研修の方法は、技術的な事柄の習得は不向きですが、専門分野の知識を蓄積するうえで大きなメリットがあります。また、普段とは違った環境で研修を受けられるため、多くの社員にとって気分転換の機会として捉えられることがあります。最近では、人材育成の一環として数か月から半年に一回程度のOff-JT研修を定期的に実施している企業の数も増加しており、キャリア形成に欠かせない取り組みとして定着しつつあります。その他、Off-JT研修の効果を高めるうえで、人事担当者が率先してテーマやカリキュラム、講師の選定作業などに力を注ぐことが重要となります。