まるで部活の合宿?宿泊を伴う研修

宿泊研修のメリットを知っておこう

研修の中には宿泊を行う宿泊研修と呼ばれるものがあります。これは社員たちが通常の業務から離れて研修を行うのが特徴です。そうすることで研修に集中できる環境を構築できるのが強みです。同じ場所で社員たちが寝泊まりして研修を行う独特のスタイルなので、参加者同士の横のつながりを強くできるといったメリットもあります。上記の効果を狙って社員旅行やレクリエーションと組み合わせて宿泊研修を行っています。宿泊研修を行うときにセミナールームを利用して行うことで、懇親会もスムーズに行えます。懇親会専用の建物を用意する必要がなく、大幅なコスト削減ができるのがメリットです。部活のような感覚で社員たちを育成できる画期的な内容です。

宿泊研修はどのような企業に最適なのか

魅力的な宿泊研修ですが、すべての企業にマッチしているとは限りません。準備をするための時間やコストも掛かってしまいます。そのためメリットだけでなくデメリットも考慮して宿泊研修を検討しましょう。宿泊研修はどのような企業に向いているのかというと、1日や2日で座学や実技を行いたい企業にマッチします。セミナーを研修と組み合わせて一度に行うことでコスト削減ができます。また大きな企業でレクリエーションや表彰式を支社の方たちを集めて行うときに、同時に宿泊研修を行いたい企業にも宿泊研修はおすすめです。基本的に大型企業にマッチしているのが宿泊研修です。また必ずしも宿泊研修がおすすめというわけではないので、宿泊と日帰りはどちらが理想的なのかも考えましょう。